無外流居合兵道 頌寶塾


トピックス

杖道合宿 2019年・冬

平成31年1月26日~27日

1日目

福島の雪を気にかけながら冬晴れの東京を出発。昨年は積雪のため休みだった白河の人気ラーメン店で昼食をとることができました。濃厚な醤油が香るスープに食べ応えのある太ちぢれ麺、厚みのある美味しい叉焼で空腹をチャージ!寒い体育館での稽古にパワーをもらいました。

現地はやはり寒い。小雪もちらつきます。さあ、今年最初の講習会が始まります。

気温が低いと体も硬くなります。ふと、ご指導頂いている宗家の横顔を見ると、うっすらと良い汗が浮かんでいて、動きも俊敏です。真冬の稽古でも汗をかけるほど体を使えるようになりたいものです。。

太刀を持った先生方に、我々が次々に挑み、指導を受けます。
インフルエンザも流行のピークを迎える時期ですが、寒中稽古で体を鍛えて元気に過ごしたいですね。

この合宿の常宿である温泉旅館は、食事の量も味も良く、一晩中利用できる温泉が有り難いです。特に東屋風の露天風呂から見上げる月や、裏山の雪景色はとても情緒があります。

2日目

翌朝、心配していた積雪はうっすら程度でしたが、地面の到る所が凍っていて大変な寒さでした。体育館では鼻息も白く曇り、爪先もたちまち赤くなります。それでも宗家がおっしゃるには今朝の寒さは大したことはないとのことでした。

午後からは石都々古和気神社に参詣しました。年頭にあたってお祓いをして頂き、この一年の繁栄を祈念します。

糸東流空手道と神道夢想流杖道、そして無外流居合兵道の演武を神前に奉納し、合宿も終わりました。

帰りに立ち寄ることの多い東北道IC手前のラーメン屋さんが、どうやら閉店してしまったようです。入りやすいお店だったので残念です。近くの蕎麦屋さんで遅い昼食をとり、高速道に入ったのは16時過ぎになりました。

東北から関東の間では、那須を境に雪が消えます。無事に東京に戻り、いつもの居酒屋で反省会です。
今年も一年間がんばって稽古をしていきましょう!

TOP